ソニーのアクセサリーキットACC-TCV7C購入レビュー!

ソニーのアクセサリーキット

 

のり
のり

こんにちは、当サイト管理人のりです。

今回は、ソニーさんのアクセサリーキットをご紹介します!

 

先日、SONYのハンディカムHDR-CX680を購入しました。

バッテリーパックが1つ付いていのですが、実撮影時間の目安が80分なので、旅行などに持っていくには心もとないかなと思い、追加でバッテリーパックを買うことにしました。

 

追加でバッテリーを購入するときに忘れてはいけないのがバッテリーチャージャー(バッテリーパックを充電する機械)です。

初期セットには充電器が付いていないので、ビデオカメラにバッテリーを装着した状態でしか充電ができません。

つまりバッテリーが2つあっても、充電が1個ずつしかできない上に、カメラ使用中は予備のバッテリーを充電できません。

 

というわけでバッテリーパックとバッテリーチャージャーがセットになったおトクキットを購入することにしました。

 

ソニーのアクセサリーキットACC-TCV7C

ソニーのアクセサリーキットACC-TCV7C

SONY(ソニー)のアクセサリーキットACC-TCV7Cです。

 

内容は、バッテリーパックNP-FV70A、バッテリーチャージャーBC-TRV、キャリングポーチ、クリーニングクロス、の4点セットです。

セット内容が写真付きで表示されている

 

中身を出してみます。説明書や保証書も入っていました。

内容物一式

 

バッテリーパックですが、左が初期付属のNP-FV50A、右が今回買ったNP-FV70Aです。

NP-FV70Aの実撮影時間は約170分だそうです。

厚みは2倍弱

 

ビデオカメラにバッテリーを付けるとこんな感じです。

横から見た比較

 

ナナメ後ろから見るとこんな感じです。

斜め後ろから見た比較

 

バッテリーチャージャーは、機械をコンセントに直接差して使います。

コンセントに挿されたバッテリーチャージャー

 

3段階のお知らせランプで、どれくらい充電できているかがわかります。

2色のランプが点灯している

 

クリーニングクロスはビデオカメラより少し大きいくらいです。

白いクリーニングクロス

 

キャリングポーチは、両側に仕切られたポケットと、真ん中にベルトがついています。

黒いキャリングポーチ

 

真ん中にビデオカメラ本体(バッテリー装着済)とクロス、左に予備バッテリー、右にバッテリーチャージャーを入れ、きれいに収まりました。

キャリングポーチに入れられたビデオカメラ等

 

ポーチには持ち手がついています。

横長のキャリングポーチ

 

 

感想

感想

バッテリーパックのサイズは前もってわかってはいましたが、実際に手にしてみると結構大きいです。

単品では、もう一回り大きいNP-FV100Aというのがあったのですが、こっちにして良かったです。

 

実質撮影時間は、初期付属のバッテリーが約80分と今回のが約170分で合計約250分くらい撮影できる計算になります。

4時間ちょっともあれば、旅行先でたくさん撮影するときでも安心かなと思いました。

 

キャリングポーチがハードケースではなくソフトケースなのが少し残念ですが、多少のクッション性はあります。

高いところから落としたりしなければまあ大丈夫かなと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました